創立50周年記念植樹を実施

創立50周年記念植樹を実施

本校では、10月25日、高学年講義室棟の芝生において記念植樹を実施しました。
これは、本校の創立50周年記念事業の一環として行われたもので、学生環境の充実および快適化を目的として、イチョウの苗木6本を植樹しました。
植樹には、本校の学生・教職員をはじめ、当日開催していた高専祭を見学に訪れた一般市民らが参加しました。
実施責任者である若生昌光教授による趣旨説明、山田宗慶校長及び荒川良祐学生会会長による挨拶の後、山田校長、大内知行事務部長、荒川学生会会長による植樹が行われ、その後、参加者が植樹を行いました。
爽やかな秋晴れのもと、学生たちがお互いに記念撮影を行うなど、終始和やかな雰囲気で行われ、参加者たちは、イチョウの苗木の健やかな成長を願うとともに、この苗木が立派な成木となった未来の秋田高専に思いを馳せていました。 

記念植樹の様子
(左から山田校長、荒川学生会長、大内事務部長)
植樹したイチョウを囲んで
 
イチョウ並木


TOP