教員紹介

桜田 良治

SAKURADA Ryoji
土木・建築系 国土防災システムコース 教授・博士(工学)
授業担当科目
材料学 鉄筋コンクリート構造学 コンクリート工学特論 他
所属学会・協会
土木学会、日本コンクリートエ学協会、セメント協会、ナノ学会、日本雪工学会
専門分野とこれまでの研究
(研究内容)
コンクリート構造物における塩害耐久性の解明、FRP連続繊維補強材の開発、配合材料のリサイクル技術、ならびに大型計算機によるセメント鉱物の結晶構造と水和活性の解析が主な研究課題です。この中で、塩分浸透量測定機器の開発、複数の繊維を組み合わせた高機能連続繊維補強材の解発、廃棄コンクリート中における結合材のリサイクル技術の開発、さらに計算機シュミレーションによるセメント鉱物の結晶構造と水和活性の解析に取り組んでいます。
(専門分野)
コンクリートエ学
現在の研究テーマ
1.コンクリート中への塩分浸透量測定機器の開発
2.FRP連続繊維によるコンクリート補強技術の開発
3.コンクリート配合材料のリサイクル技術の開発
4.第一原理計算によるセメント鉱物の結晶構造解析
技術相談に応じられるキーワード
1.コンクリートの塩害耐久性評価技術
2.FRP連続繊維によるコンクリート補強技術
3.コンクリート配合材料のリサイクル技術
4.大型計算機によるセメント鉱物の結晶構造解析


TOP