教員紹介

佐藤 恒之

SATO Tsuneyuki
物質・生物系 マテリアル・プロセス工学コース 教授・工学博士
授業担当科目
分析化学実験 機能性無機材料 環境科学 他
所属学会・協会
化学工学会、応用物理学会、日本機械学会
専門分野とこれまでの研究
化学工学、特に、エネルギー技術、環境技術、および半導体技術を専門としています。これまで資源の有効活用のための炭酸ガス、硫化水素ガス、一酸化炭素等の分離再利用、低温石炭ガス化、また機能材料製造プロセス合理化のための無重力場を利用した半導体材料CVDや高温融液からのバルク単結晶育成、固体電解質の気相合成などを行ってきました。最近では水素技術の研究に着手し、ナノプロセッシングを活用したゼオライトナノブロック水素分離膜やPdナノ粒子水素センサーの開発を行っています。さらには食物残渣のマイクロ化等農業バイオマスの新規活用技術の研究も本格的に行いたいと考えています。
現在の研究テーマ
1. ゼオライトナノブロックを活用した水素分離
2. Pdナノ粒子水素センサー
3. 食物残渣のマイクロ化と再利用
技術相談に応じられるキーワード
1. 環境影響ガスの分離と再利用
2. CVD等ドライプロセス
3. 水素技術
4. ゼオライト
5. 化学プロセスや化学装置の数値シミュレーション


TOP