各系の紹介(機械系)

|掲載日 2018/10/18|掲載内容有効期限 2019/10/18|担当者 系長・一般教科長|

機械系(機械工学科)

 


工学実験

卒業研究

機械工学は工学の基礎となる「基幹工学」として、工業化社会において重要な位置を占め、あらゆる工業と密接不離であって、卒業生の 進路も多種多様で広い範囲にわたっている。しかも技術の革新に伴って、最近の機械は人関の頭脳と神経に相当するコンピュータとセンサを持ち「知能化」してきた。すなわち機械工学はマイクロエレクトロニクスエ学、ソフトウェアエ学、メカトロニクス、光工学、材料工学などの周辺分野の工学と融合した 新しい学科として発展してきている。

機械工学科では、このような技術の新しい動きに対応できるように、機械に関する基礎科目を重視するとともに、電気・電子工学、情報処理、制御工学、材料工学などについても十分に習得できるようにし、また、実習、設計製図、ロボット製作、コンピュータ援用設計などの実践的な科目を修得し、4、5年次では研究室に配属され、工学実験、企業での実習、基礎研究、卒業研究などを通して総合的な能力を養い、豊かな創造性を持った機械工学技術者を養成することを目指している。

 

後輩へのメッセージ

 

教員紹介


TOP