学校案内

|掲載日 2018/10/18|掲載内容有効期限 —-/–/–|担当者 企画室企画係|

校長のあいさつ

国立工業高等専門学校は、工業に関する個別の専門的な学術を研究教授すると共に、特色のある5年間一貫教育によって、深い専門知識に加えて、豊かな教養を備えた高度技術者を養成する高等教育機関として昭和30年代後半から全国各地に順次設置されました。本校はその第3期校として、機械工学科、電気工学科、工業化学科の3学科(各学科定員40名)で、昭和39(1964)年4月に創設され、さらに5年後の昭和44(1969)年、土木工学科を新設して4学科体制(学年定員160名)となりました。その後は、カリキュラムの一部変更に合わせて、電気工学科から電気情報工学科、工業化学科から物質工学科、土木工学科から環境都市工学科への学科名称変更が行われてまいりました。

そして、平成29(2017)年4月には、融合複合分野の基礎知識に加えて、得意とする特定工学領域で高度な専門知識・技術を身に付けた創造性豊かな技術者の育成を目指す新カリキュラムを備えた創造システム工学科への改組が行われました。特定の専門分野で区別されない本学科に入学した学生諸君は、1年生の時に工学系の全ての専門分野の基礎知識を修得した上で、自身の希望に従って、2年生次に4つの系を、そして4年生次に各系におかれた2つの専門コースを順次選択して、専門性を高めます。それと同時に、情報機器を用いた次世代型教育や卒業後の進路を考慮したキャリア教育、国際化に対応する英語教育を適切に学ぶことで、システマチックで融合的な高度技術者として社会に巣立つ事となります。

工業高等専門学校を卒業すると準学士の資格が与えられますが、卒業後、さらに高度な勉学を望む人のためには、大学3年生への編入学に加えて、高専内に修業年限2年の専攻科の制度が設置されております。本校では平成6(1994)年度に設置された、生産システム工学専攻と環境システム工学専攻の2専攻がそれにあたります。本専攻科を修了すると大学改革支援・学位授与機構の認定により、大学卒と同じ学士(工学)の学位が与えられ、さらに、全国の国・公・私立大学に設置されている大学院への進学の道も拓かれております。

自然に恵まれた秋田の地で、知の大競争時代と言われる21世紀にグローバルに活躍できる技術者・研究者を育成することを本校の使命としております。

校長の写真

  校長 米本 年邦


TOP