規約

|掲載日 2019/06/28|掲載内容有効期限 —-/–/–|担当者 総務課総務係|

 

秋田工業高等専門学校産学協力会規約

 

 (目的)
第1条 本会は、秋田工業高等専門学校に協力するとともに、会員相互の連携を密にし地域産業の発展に資することを目的とする。

 

 

 (名称)
第2条 本会は、秋田工業高等専門学校産学協力会と称する。

 

 

 (事業)
第3条 本会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
一 秋田工業高等専門学校の教育研究の充実に関すること。
二 地域産業の発展に関すること。
三 産学協力に関すること。
四 その他本会の目的達成に必要な事業に関すること。

 

 

 (会員)
第4条 本会は、本会の目的に賛同し、会長の承認を得た法人(個人事業主を含む。)及び個人をもって組織する。
2 法人会員は、秋田県内に本社・支社・事業所等がある企業とする。
3 個人会員は、秋田工業高等専門学校及び秋田県内の公的研究機関等に勤務する者並びにかつて勤務していた者とする。

 

 

 (役員)
第5条 本会に次の役員を置く。
一 会 長 1名
二 副会長 若干名
三 理 事 若干名
四 幹 事 若干名
五 監 事 2名
2 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

 

 (役員の職務)
第6条 役員の職務は、次のとおりとする。
2 会長は、本会を代表し会務を統括する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
4 理事は、会務事項を審議し、これを処理する。
5 幹事は、会務を遂行する。
6 監事は、本会の会計を監査する。

 

 

 (役員の選任)
第7条 会長の選任は、別に定める。
2 会長は、副会長、理事、幹事及び監事の役員候補者を選出し、選出された役員は、会員の過半数の同意をもって選任する。

 

 

 (参与)
第8条 第5条第1項のほかに参与を置くことができる。
2 参与は、役員会の推薦で会長が委嘱する。
3 参与は、会長の要請に応じ、または役員会等に出席し意見を述べることができる。

 

 

 (総会)
第9条 総会は、定期総会と臨時総会とし、会長がこれを招集する。
2 定期総会は、原則として毎年5月に開催し、役員会での議決内容を報告する。

 

 

 (役員会)
第10条 役員会は、会長、副会長、理事、幹事及び監事をもって組織し、必要の都度会長がこれを招集し、議長となる。
2 役員会は、総会に報告する次の事項を審議する。
一 事業計画並びに予算決算
二 規約の改廃
三 その他重要な事項
3 役員会は、役員の過半数(委任状を含む。)をもって成立し、議決は、出席者の過半数をもって成立する。ただし、可否同数のときは議長の決するところによる。

 

 

 (経費)
第11条 本会の運営は、会費、寄付金その他の収入をもって充てる。

 

 

 (会費)
第12条 会費は、次のとおりとする。
一 法人会員 年20,000円
二 個人会員 年 1,000円
2 年度途中に加入する場合は、前項に定める会費を納入するものとし、退会による既納の会費は返還しない。

 

 

 (会計年度)
第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

 

 (事務局)
第14条 本会は、事務局を秋田工業高等専門学校に置く。

 

 

 (その他)
第15条 本規約に定めるもののほか、必要な事項は、役員会においてこれを定める。

 

 

 (附 則) この規約は、平成4年5月18日から施行する。
この規約は、平成6年5月19日から施行する。
この規約は、平成9年5月13日から施行する。
この細則は、平成16年5月22日から施行する。

 

 

 附 則
この規約は、令和元年6月4日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

 


TOP