教員紹介

寺本 尚史

TERAMOTO Naofumi
土木・建築系 空間デザインコース 准教授・博士(工学)
授業担当科目
基礎設計演習Ⅰ 建築一般構造学 鋼構造学 耐震工学 建設施工論 防災システム工学 他
所属学会・協会
日本建築学会、コンクリート工学協会
専門分野とこれまでの研究
建築構造学が専門分野です。現在、主にピロティ建物を対象とした研究を行っています。ピロティ建物とは、1階に開放的な壁の少ない空間(ピロティ階)を設けた建物であり、社会的にも要望度の高い構造形式です。しかし1階の壁の量が他の階と比べて少なくなり、耐震上の問題が生じる可能性が高いことから、耐震性能の向上を目的とした、地震時の被害発生メカニズムの詳細な検討・評価を行っています。また、そうした研究を効果的に推進するために、実験と構造解析を融合させたオンライン実験と呼ばれる実験手法を開発し、同手法を用いた実験研究を行ってきました。このオンライン実験手法を用いると、柱、梁、ブレース材など様々な構造部材を対象とする事が可能であり、ピロティ建物だけでなく、他の構造形式・構造部材の耐震性の向上のための活用も期待できます。
現在の研究テーマ
1. ピロティ建物の耐震性能向上に関する研究
2. 解析的手法と実験的手法を複合させたオンライン実験手法(サブストラクチャーオンライン実験)の開発
3. サブストラクチャーオンライン実験手法を用いた建築構造物の耐震性能評価
技術相談に応じられるキーワード
1. 構造解析
2. 構造実験手法
3. 耐震工学


TOP